Home  工 場 修 理 進捗状況 レポート ギャラリー スタッフ ヒロメモ ニュース 地図・連絡
自動車へのこだわりは人それぞれ、多種多様な自動車との付き合い方があります。 カーメイク・ヒロはいろいろな新しい技術、技法などにも機会あるごとに挑戦し続けながら、自動車板金、 塗装の腕を磨いていくこと惜しみません。
ここでは、カーメイク・ヒロが特別仕様車にかかわらせていただきました例をご紹介したいと思います。

T.アメリカ製ダッジ・ラム (Dodge Ram)車の艶消し全面塗装

ダッジ・ラム (Dodge Ram)は、アメリカの大手自動車メーカークライスラーがダッジブランドで生産する フルサイズピックアップトラックです。
クライスラー内では最も人気が高い車種であり、ダッジの看板車種です。
今回の改装仕様:  ボディ色:ブルーグレー 艶消し  ホイール:こげ茶のマッド

 1. フロントビュー:
 バンパー、グリル、ホイールやモールなどはすべて金ピカのゴールドメッキです。この車が渋さいっぱいの男の車に変身で す!
 こんな車が前から走って来たら、ビックリするでしょうねぇ。まさに「男の車」と言っても過言では無いでしょう。実に大きな存在感です!!
【改装前】 【改装後】
 2. リアビユー:
 リアビューもどっしりしていて、実に大きな車です。
 ダブルキャブのトラックですが、実はこの荷台にシェルと言う箱を載せます。これだけ大きな車ですから塗装も大変でした。
 シェルが載るともの凄く大きく感じます。 まったく艶が無いのが分かりますよね。 お客様にも大変喜んで頂けました。  スタッフ一同も非常に満足です。
【改装前】 【改装後】
 
 3. 改装工程の様子:
(1) (2)
まずは部品の取り外しからです。 前後のバンパー、ライト、グリルなどの外装部品や、 細かな部品まで取り外しました。
部品の取り外し完了です。 これだけ大きな車ですから、工場の中一杯一杯です。
(3) (4)
キャビンと荷台の間も塗装しますから、荷台を少しずらしてますが、分かりますか?
車高がとにかく高いので、そのままの状態ではボンネットに手が届きませんので、ボンネットも取り外し、 ボディーとは別に塗装する事にしました。
(5) (6)
これが荷台に乗せるシェルです。これだけでもかなり大きいです。塗装完了後の写真ですが、 かなり良い感じです。
ボディの塗装が完了しました。色はブルーグレーですが、太陽の下ではかなり青味が強いです。 艶消しの状態は、かなりマッドな仕上がりですねぇ。
(7) (8)
ホイールの塗装も完了です。 色はこげ茶のマッドです。 陽が当たると少し赤味を持った茶色で、 夜は黒に見える感じにしました。
いよいよ取り外した部品の取り付けです。 ラジエターグリルを取り付けたらもの凄くゴッツクなりました。